芸能人も取り組んでいる妊活。具体的なやり方とは?

ここ数年で頻繁に聞くようになった妊活

 

妊活というキーワードをテレビや雑誌などで頻繁に見かけるようになりました。子供を授かる為の期間や不妊治療に取り組むような人達には気になるワードではないでしょうか。スムーズな妊娠を実現させるためには、卵子の健全な育成をする必要があります。

そのためにはバランスの良い食生活を送ることが必要です。炭水化物やタンパク質などといった栄養素は日常の食事の中からも比較的摂取しやすいものとなっています。しかし、さらにバランスの良い栄養をとらなければ、良い妊活は行えません。そこで役に立つのが妊活用のサプリメントです。

妊活用のサプリメントとは?

妊娠をする時に重要視しておきたい栄養素は「葉酸」です。普段はあまり聞き慣れない栄養素だと思います。葉酸は厚生労働省が推奨している栄養素となっており、おなかの中にいる赤ちゃんが神経管閉鎖障害になってしまうリスクを押さえてくれる成分です。これら以外の重要な成分も妊活用のサプリメントには含まれています。具体的には次のようなものとなっています。

  • カルシウム… 細胞分裂を活発化させてくれます
  •  ビタミン、ミネラル… 卵子の健康な育成をサポートして、代謝障害を押さえてくれます
  •  マグネシウム … カルシウムの働きを促進して、体温の調整をしてくれます
  •  鉄分… 子宮内膜を丈夫にしてくれます
  •  亜鉛… 女性ホルモンの分泌を活発化させてくれます
  •  マカ… 生殖機能を高める効果があります

妊活のサプリメントを利用する時には、これらの成分が含まれているかどうかを確認するのと同時に、添加物の有無や製造の検査などが確認できるサプリメントを選ぶようにしましょう。

サプリメントを飲む時には食生活への配慮も忘れずに

妊活のサプリメントの中に効果的な成分が膨らむ含まれているからといって、食生活をおろそかにしてはいけません。出来る限り食事で必要な栄養を摂取するように心がけて、サプリメントはあくまでもサポートしてくれるものと捉えるようにしましょう。妊活に取り組む1か月前から摂取するのがベストのタイミングと言われています。

妊活するための努力は男性にも必要!

 

妊活や不妊治療といえば女性が頑張るイメージが強いですが、男性の努力ももちろん必要です。なぜならば、不妊治療に悩んでいる夫婦の約3割が男性が原因だと言われているからです。

男性の不妊治療の原因の多くは葉酸不足

先ほど、女性に関する妊活について「葉酸」という言葉が出てきましたが、女性だけではなく男性にも強い影響を及ぼしています。葉酸は精子の中に含まれています。葉酸が不足している精子の場合は、分列がしっかりと行われないのです。

そうすると染色体異常がみられるというケースもあります。そうすると、胎児が神経管閉鎖障害を起こしてしまう可能性も出てきます。そのため、健康な赤ちゃんを授かるためには、夫婦で葉酸を取り入れなければなりません。

妊活に取り組む男性が必要とする1日あたりの葉酸の摂取量とは?

男性が必要としている葉酸の摂取量は、1日あたり240ugと言われています。これは、食事以外で摂取が必要とされている摂取量です。そのため、女性と同じくサプリメントを利用するのがおすすめとなっています。葉酸を摂取するタイミングは、男性の場合は妊活に入る3ヶ月前がいいでしょう。

男性の精子というのは完成されるまでに約3ヶ月必要としているのです。健康な精子を使って妊活するためにも、前もって計算して妊活するようにしましょう。いかがだったでしょうか?不妊治療というのは難しそうなイメージがありますが、努力次第では決して不可能なものではありません。

セルフケアで取り組むだけではなく、産婦人科を利用すれば、より効果的な妊活を行うことが可能です。

こちらのコラムも人気です!