どれでも良いわけじゃない!妊娠サプリの見極め方法

栄養面から見る妊娠サプリの選び方

 

妊娠サプリと聞くと飲めば赤ちゃんが出来ると思ってしまいがちですが、飲めば妊娠できるというわけではありません。サプリメントはあくまでも妊娠しやすい体を作る為のサポートにすぎないと言う事です。

具体的には食事だけでは補う事が難しい栄養素をサプリメントで補給するという形になりますが、妊娠サプリの配合成分は種類も多くそれぞれの効果も異なります。配合されている成分や種類はどのように選べば良いのか、基準となる選び方を説明していきたいと思います。

自分の体に不足している栄養素を把握する

妊娠サプリはたくさんの栄養素が配合されているものも多く存在しています。しかしただ栄養が多く含まれていれば良いというわけではありません。まずは自分が食生活で摂取している栄養を把握して何が不足しているのか見極める必要があります。

そこが把握できていないと、実は足りている栄養素を過剰に摂取してしまい逆効果になってしまう恐れがあるのです。妊活や不妊治療に良いとされる栄養素はありますが、第一に全体の栄養バランスを考える事が大切となります。

サプリメントの主成分を把握する

自分の栄養状態を把握したら、不足している栄養素の中でも特に積極的に摂取したいと思うものが主成分となっているサプリメントを選び出していきます。この時その成分の配合量をしっかりと見て1日に必要な量が配合されているのかも把握しておきましょう。

多くの妊娠サプリの中で主成分としてよく使われているのは葉酸やマカ、マルチビタミンなどが挙げられます。これらの成分の中で自分が欲しいものや効果があるもの、またその他に配合されている栄養素とのバランスを見て選んでいくと良いでしょう。

全体的な栄養が足りないと思った時に優先して摂取したいサプリ

自分の栄養状態をみた時に全体的にバランスが崩れていると感じた時は、まず下記の5大栄養素をきちんと摂取する事を考えましょう。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 糖質
  • ビタミン
  • ミネラル

これらの栄養素は健康を維持していく上で欠かせない栄養素となり、卵子や精子が健やかに育つ為にもとても重要なものとなります。このうち食生活で不足しがちなのはビタミンとミネラルだと言われているのでそれらを豊富に含むマルチビタミンミネラルサプリを選ぶと良いでしょう。

マルチビタミンミネラルサプリは不妊症に効果的で不妊治療においても摂取が薦められています。また妊娠サプリで人気の高い葉酸サプリはビタミンB6、ビタミンB12と一緒に摂取したほうが効率的と言われている事もあり、葉酸サプリにマルチビタミンミネラルが配合されたサプリメントも多く販売されています。葉酸もマルチビタミンもどちらも摂取したいという場合はそういった複合サプリも視野に入れると良いでしょう。

安全性から見る妊娠サプリの選び方

 

妊娠サプリを選ぶ上で栄養面以外にも注意が必要な事がいくつか挙げられます。それはサプリに配合されている添加物や製造工程など安全面に関しての事です。

サプリメントに入っている添加物を把握する

無添加とパッケージに書かれているサプリメントでもそれは無添加処方のものが含まれているという事で完全無添加ではない場合がほとんどです。無添加と書いてあってもしっかりと成分を見て判断するようにしましょう。特に亜硝酸ナトリウムやタール色素は胎児への悪影響も大きい為これらが配合されているものは注意が必要です。

また中には有効成分よりも添加物の配合量のほうが多いサプリメントも存在しています。サプリを作る上で必要な添加物もありますが、それ以外の甘味料や香料などを多用しているサプリメントは思うように効果を得られない可能性が高いので避けたほうが良いと言えます。

どこでどのように作っているのかを把握する

製造場所は国内外どちらでも良いのですが、重要な事は場所と製造工程を公表しているかどうかです。きちんと安全性を考慮して製造されている場合はホームページに記載されている事が多いので確認しておくと良いでしょう。妊娠サプリの影響は胎児にまで及ぶものなのでこういった記載はとても重要だと言えます。

こちらのコラムも人気です!